スポンサーリンク

R1250GSアドベンチャーまでの道のり④GSX1100Sカタナ編

R1250GS アドベンチャー

前回までのふりかえり

2021年4月、もへちゃんの第2の人生がスタートしました。

同時に、20年以上乗ってなかったバイク(原付スクーターHONDA JORNO)で通勤することにしました。

 お気に入りのヘルメットを被り、風を切って走るうちに、原付では満足できなくなりました。

お気に入りのヘルメット(^^)

 そこで2021年5月、HONDA C125 スーパーカブを予約しました。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で8月になってもメーカー予約さえできない状態(T_T)

もへちゃん
もへちゃん

 神様が

 この際、大型自動二輪の免許を取りなさい 

と言ってるに違いない。

 とふだん無信心のもへちゃんですが、自分の都合のいいようにこの出来事を解釈しました(笑)

 9月、30年前に約10日間で中型自動二輪の免許を取得したレインボーモータースクール福岡に入学しました。

 中型より大型の方が教習時間が多いことや、30年前に比べると教習内容が増えていたこと、そして何よりも卒業検定で1度不合格になったことなどで、大型自動二輪の免許取得には1ヶ月以上かかってしまいました。

 いよいよ大型の免許をとったもへちゃん。

 まず最初に向かったのは…

ジョルノ→スーパーカブ→SUZUKI GSX1100S カタナ

「CBとカタナ」と言えばバリバリ伝説

 もへちゃんが30年以上前、バイクに乗り始めたきっかけの1つに漫画「バリバリ伝説」があります。

 その主人公の巨摩こま ぐんはHONDA CB750Fに乗ってました。

バリバリ伝説 1巻(しげの秀一著、講談社刊)より引用

 ライバルのひじり 秀吉はSUZUKI GSX750S カタナに乗ってました。

バリバリ伝説 4巻(しげの秀一著、講談社刊)より引用
もへちゃん
もへちゃん

 いつかは、CBとかカタナに乗りたいなぁ…

と中型の免許しか持ってなかったもへちゃんは、思ってました。

 その後、もへちゃんにとってのバイクの師であるYくん(大学時代の同級生)がCB 750Fを手に入れました。

 そこで、もへちゃんは「いつの日か、カタナに乗りたいっ」と強く思うようになりました。

SUZUKI GSX1100Sカタナ Wikipediaより引用

カタナ

 30年以上前の漫画「バリバリ伝説」の登場人物が乗っていたCBとカタナは、当然、それ以前に市販された古いバイクです。

 両車とも高い人気を誇り、マイナーチェンジを繰り返しました。

 しかし、空冷のCB(巨摩 郡が乗っていたバイク)は、2021年にファイナルエディション(生産終了版)が出てしまいました(T_T)

 が、水冷のCBは今なお市販されています。

 カタナも2000年のGSX1100Sカタナ・ファイナルエディションで一旦幕を閉じました(T_T)

 しかし、「GSX1100S カタナ」は2019年に「フルモデルチェンジ」と言えるほどの進化を遂げて「SUZUKI KATANA」として再登場しました!

SUZUKIのショップへ

 現在、ホンダとカワサキは、大型の新車のバイクは、街のバイク屋で購入できません。

 「ホンダドリーム」や「カワサキプラザ」といったメーカー直営店に行くしかありません。

 しかし、スズキは今でも「街のバイク屋」で大型の新車が購入できます。

 そこで、もへちゃんが行ったのは、近所の比較的大きなバイク屋です。

 その店を選んだのは、ウインドーの中に黒いGSX1100S カタナが飾られてたからです。

 その店は「スズキ専門店」という看板がかかってましたが、中古バイクは各メーカーのものが多数ありました。

もへちゃん
もへちゃん

 表のカタナは、いくらぐらいするんですか?

 あ~、あれはお客様から預かっているバイクで、売り物じゃないんです。

 カタナをお探しですか?

もへちゃん
もへちゃん

 はい

 新型KATANAなら、あちらにありますよ。

SUZUKI KATANA SUZUKI二輪車HPより引用
もへちゃん
もへちゃん

 いえいえ、旧型のカタナ、GSX1100Sカタナが欲しいんです。

 そうなんです。

もへちゃん
もへちゃん

 2019年に出た「KATANA」はフルモデルチェンジの結果、前の「GSX1100S カタナ」とは、似て非なる物になっちゃったよなぁ

ともへちゃんは感じていたのです(>_<)

 う~ん…

 程度のいい中古を見つけるのは難しいです。

 出てきても、車体だけで100万円くらいするんです。

 さらにそれを整備するのに100万円くらいかかったりしますが…。

 それでも、探されますか?

 それだけの金額を出されるんなら新型KATANAが買えますよ。

酸っぱいブドウ

 もへちゃんはこの時点で、SUZUKI GSX1100S カタナを諦めました。

 予算を軽くオーバーしたからです(>_<)

 イソップ物語の「酸っぱいブドウ」のキツネのように

もへちゃん
もへちゃん

 そうさ

 GSX1100Sカタナは、セパレートハンドルで前傾がきつくて、もう若くないもへちゃんが乗っても苦痛の方が多かっただろうし…

と考えました。

 この時点ではほとんど負け惜しみの「前傾がきつくないバイク」という選択基準は、この後のバイク選びで最重点ポイントになっていきました。

つづく(^^)

おわりに

イソップ物語「酸っぱいブドウ」

 お腹を空かせたきつねは、たわわに実ったおいしそうな葡萄ぶどうを見つけた。

 食べようとして懸命けんめいび上がるが、実はどれも葡萄の木の高い所にあって届かない。

 何度跳んでも届くことは無く、狐は、怒りと悔しさから

「どうせこんな葡萄はっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」

と負け惜しみの言葉を吐き捨てるように残して去っていった。

Wikipedia「すっぱい葡萄」より引用
Wikipedia「すっぱい葡萄」より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました