篠栗九大の森&狐狸庵のカツ丼(福岡近郊)

福岡県近場

篠栗九大の森

おすすめポイント

 篠栗町のホームページには

篠栗九大の森は、九州大学の敷地(九州大学福岡演習林)の西端にあり、篠栗町と九州大学が共同で整備、管理を行っています。
約17ヘクタールの「森」には、約50種の常緑広葉樹と約40種の落葉広葉樹が生育し、中心にある蒲田池の周り約2キロメートルの遊歩道には、町の森林の間伐材を使用したあずまややベンチが所々にあり、自然を感じながら休憩することができます。

篠栗町ホームページより

とあります。

 おすすめポイントは、九大の森の中にある「水辺の森」のラクウショウです。

 ラクウショウとは落羽松と書き、水に浸かった状態で自生する針葉樹です。

そこに行くと現代の日本ではないような感触に襲われます。

 私の場合は、スター・ウォーズのヨーダが出てきそうと感じました(^^)

 百聞は一見にしかずですので、画像を見てもらった方がいいですね。

 ねっねっ、雰囲気あるでしょ(^o^)

住所

福岡県糟屋郡篠栗町和田1009

博多駅からの距離

都市高速使用の場合…片道16km、20分

有料道路等を使わない場合…片道11km、24分

コツ

 篠栗九大の森には、駐車場が2カ所(南口、北口奥)あります。

 道沿いにあってわかりやすいのは南口なのですが、おすすめポイントの「水辺の森」に行くなら北口奥にある駐車場の方が近いです。

 けれど、水辺の森だけ見て帰る人はまずいないかな?

 もへちゃんは、家族とともに行ったのですが、家族は

北口→もみじ広場→はんのき広場→水辺の森→さくら広場→こなら広場→マタケの林→くりのき広場→南口

と時計回りに歩きました。

 私だけ

北口→もみじ広場→はんのき広場→水辺の森→北口

と車を取りに戻り、南口まで移動して、南口から家族と会うまで反時計回りで歩く羽目になりました。

北口奥の駐車場付近

木漏れ日の中を歩きます

注意点

 「もみじ広場」や「さくら広場」があるってことは、四季折々の楽しみ方があるようです。

 ラクウショウ目当てで行く場合は、夏はやめた方がいいみたいです。

 池の水位が下がるらしいです。

 ちなみに私が行ったのは4月末でした。

狐狸庵のカツ丼

 お昼ご飯は、空港そば(いや、高速の太宰府インターそばの方がもっと近いかな)に戻ってきて狐狸庵の絶品カツ丼を食べました。

 うどん屋さんですが、カツ丼が有名なお店です。

住所

福岡県大野城市御笠川3丁目9−6

感想

 煮込まれたタマネギ、タレのしみこんだ濃い味のカツ、半熟の卵が病みつきになる味です(^^)

 ボリュームも満点です(^^)/

 また、すまし汁も絶品です(^o^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました