スポンサーリンク

R1250GSアドベンチャーまでの道のり⑬ついにGSへ

R1250GS アドベンチャー

今までのふりかえり

 30年ぶりにバイクに乗ることを決意したもへちゃん。

もへちゃん
もへちゃん

 どんなバイクに乗ろうかな(^^)

と楽しく悩んだ日々を、本ブログで報告してきました。

報告してきたバイクたち

  • HONDA JORNOジョルノ
  • HONDA C125 スーパーカブ
  • SUZUKI GSX1100S カタナ
  • Kawasaki Z900RS
  • Kawasaki W800
  • TRIUMPHトライアンフ BONNEVILLEボンネビル T120
  • Indianインディアン FTR Ralley
  • HarleyDavidsonハーレーダビッドソン Sportsterスポーツスター™ S
  • HarleyDavidsonハーレーダビッドソン PANパン AMERICAアメリカ 1250 SPECIAL
  • HONDA GB1100

  紆余曲折はありましたが、2011年11月末の段階で、もへちゃんの心の中のバイクランキングは

もへちゃん
もへちゃん
  1. HarleyDavidson Pan America
  2. HarleyDavidson Sportster S
  3. TRIUMPH BONNEVILLE T120

となってました。

ジョルノ→スーパーカブ→カタナ→Z900RS→W800→T120→FTR Ralley→Sportster S→Pan America→GB1100→BMW R1250GS ADVENTURE

R1250GSを初めて意識した日

 2021年12月初旬ごろ、もへちゃんの中のバイクランキング1位の「HarleyDavidsonハーレーダビッドソン Panパン Americaアメリカ」をネットで調べていたら

「R1250GSA乗りがHARLEY-DAVIDSON PAN AMERICAを試乗してきた!」

という動画を見つけました。

 これ ↓ です。

 この動画の内容を簡単に言ってしまえば

 GS乗りの自分から見ても、パン アメリカは、いいバイク(^^)

です。

 しかし、動画の終わり頃に

 熱いっす。

 エンジン熱が…

 足・股下のところが熱いっすね~(>_<)

 今日、いつもより、なんか俺、汗かいてんな~と思ったら、下がめちゃめちゃ熱いんすよ(>_<)

 GS、あんな感じで、ほぼほぼ熱くないんすよ(^o^)

と言うではありませんか。

もへちゃん
もへちゃん

 そっか~。

 パン アメリカは熱いんやな(>_<)

 そう言えば、「Sportsterスポーツスター™ S」の試乗インプレッションにも、エンジン熱が熱いって書かれてたっけ?!

もへちゃん
もへちゃん

 ところで、題にある「R1250GSA乗り」とか、話の中に出てくる「GS」ってどんなバイク?

 本当に熱くないの?

 もへちゃんが、初めて「R1250GS」なるバイクを意識した瞬間でした。

変わっていく印象

 早速検索してみました。

BMW MOTRRAD R1250GSより引用
もへちゃん
もへちゃん

 くちばしがとんがってる(^^;)

と、あまり第一印象はいい方ではありませんでした。

 パン アメリカを知る前だったら、スルーしていたと思います。

 しかし、パン アメリカで「アドベンチャーバイク」にも選択範囲が広まっていたもへちゃん。

 上の1枚の画像だけで判断せず、他の方のブログやYouTubeを見まくりました。

 そして、WEBオートバイ(2021年の秋頃、GB1100の情報を心待ちに、ほぼ毎日チェックしてた)で次のような画像を見つけました。

もへちゃん
もへちゃん

 か、かっこいい(^^)

 なんて堂々としてるんだ!

 さらに、同じWEBオートバイの別の記事の中で、こんな画像を見つけました。

もへちゃん
もへちゃん

 個性的な目(ライト)をしてるっ。

 調べてみると、「アダプティブ・ヘッドライト」なる代物しろもので、コーナーリングや上り坂、下り坂など、路面の勾配、カーブの曲がり具合に合わせて、照射範囲を変えてくれるんだそうです。

もへちゃん
もへちゃん

 ライトが動く?!

 まるでガンダムに出てくるジオン軍のモビルスーツのモノアイみたいだぁぁ

  • 前傾がきつくなくて
  • 大柄で(というより「巨艦」)
  • スポークホイール
  • 電子デバイス山盛り(グリップヒーターなんて当たり前、シートヒーターまでも標準装備)
  • 最大馬力は、7750回転で136馬力(パンアメリカ・150馬力、スポーツスターS・121馬力、T120・80馬力)
  • 最大トルクは、6250回転で143 Nm(パンアメリカ・128Nm、スポーツスターS・125Nm、T120・105Nm)

 ある方が「アドベンチャーバイク界の絶対王者、BMW・R1250GSアドベンチャー」と表現されているのも、納得です。

アドベンチャーバイク界の絶対王者、BMW・R1250GSアドベンチャーはどこまでもライダーに優しかった。
アドベンチャー界の祖にして絶対王者であり続けるBMWのR-GSシリーズ。大容量の燃料タンクとストロークの長い前後サスを組み込んだバリエーションモデル〝アドベンチャー〟が誕生したのは2002年のR1150GSのときで、来る2022年は生誕20周年にあたる。その最新モデルである2021年型R1250GSアドベンチャーに試乗...

実車に跨がってみよう

問題点①「足つき性は?」

 すっかり「R1250GS」のとりこになったもへちゃん。

 近所のBMW Motrradモトラッドに行って、実車にまたがらせてもらうことにしました。

もへちゃん
もへちゃん

 R1250GSは、外国の人の体格に合わせて設計しているらしく、足つき性が非常に悪いらしい…

 大丈夫かな?

 もへちゃんは身長178cm、股下80cmです。

 決して背が低い方ではないと思ってます。

 それでも、展示していたR1250GSやR1250GS ADVENTUREに跨がってみると、両足のつま先が届く程度。

もへちゃん
もへちゃん

 さすが「巨艦」バイク(^^;)

 でも、乗れないほどじゃないな。

 身長はどれくらいですか?

 178cm!

 それなら問題ありませんよ。

とショップの方も太鼓判を押して下さいました。

問題点②「買えるバイク?」

 そこで、他のバイク屋でも聞いてきた質問

もへちゃん
もへちゃん

 R1250GSが欲しいと思ったら、買えますか?

 納車はいつ頃?

 もへちゃんのバイク探しのスタートで、「HONDA C125 スーパーカブ」は、ショップで予約したにも関わらず3ヶ月経ってもメーカー受付できてませんでした。

 KawasakiのZ900RSやW800も、納車時期については「3ヶ月後になるか、半年後になるか、1年後になるか…。正直わかりません」とのことでした。

 半導体不足や、生産国でのロックダウン等、新型コロナの影響です。

 で、BMW MOTRRADの店員さんの回答は

もへちゃん
もへちゃん

 店頭にあるバイクなら、整備して1月初旬には納車できます。

 店頭にないバイクは、本国から輸入することになるので、かなりお待たせすることになります。

 店頭にあったのはR1250GSシリーズは

  • R1250GS(ライト・ホワイト)
  • R1250GS ADVENTURE(HP…ライト・ホワイト/レーシング・ブルーM/レーシングレッド)

の2台。

R1250GS ライト・ホワイト(BMW MOTRRAD R1250GS)より引用
R1250GS ADVENTURE HP(BMW MOTRRAD R1250GS Adventure)より引用

 

もへちゃん
もへちゃん

 欲しかったのはR1250GS(トリプルブラック…ブラック・ストーム・メタリック/ブラック/アガット・グレースタイル)だったんだけどなぁ…

R1250GS トリプルブラック(BMW MOTRRAD R1250GS)より引用

問題点③「予算(^^;)」

 もう1つの大きな問題点!

 バイク探しのT120あたりから、予算オーバー(1.5~2倍)でした。

  • スポーツスターSは、予算の2~2.5倍
  • パン アメリカは、予算の2.5~3倍

 R1250GSに至っては、予算の3~3.5倍です(T_T)

 足りない金額が貯まるまで待つとしたら、バイクを買うのは2年先になります…

 しかし、ショップの方はそういうお客さんに慣れているかのように

もへちゃん
もへちゃん

 ローンの計算してみましょうか?

 と甘く囁くのです。

 でもって、出てきた金額は「月4万弱」

もへちゃん
もへちゃん

 バイクのサブスク「ミーライド」で、バイクを借りた時の金額と一緒じゃん!

 もちろん、ミーライドだと、車検代とか税金、自賠責保険料・任意保険料等が含まれるので、「一緒」と言ってしまうのは乱暴なのですが…

もへちゃん
もへちゃん

 それらの諸経費を考慮しても、「月4万弱」なら支払えない金額じゃないぞ…

 さらに

 うちは外資系なので、12月が決算期なんです。

 車体代金はなかなか値引きできませんが、オプション品ならば値引き、頑張ります!

 さらに、12月中に決めていただけると0.99%の特別低金利ローンが使えます。

 提示してくれた「月4万弱」も、特別低金利ローンだからこそ出せた金額だったわけです。

次回予告

 もへちゃんは、この時点で「R1250GS」を買う気満々になってました。

 しかし…

  • R1250GS
  • R1250GS ADVENTURE

のどちらがいいか?

 色は

  • ライト・ホワイト
  • HP(ライト・ホワイト/レーシング・ブルーM/レーシングレッド)
  • トリプルブラック(ブラック・ストーム・メタリック/ブラック/アガット・グレー(N0S)スタイルトリプルブラック)

のどれがいいか?

 さらに、R1250GSシリーズには

  • プレミアムライン(欧州標準車)
  • プレミアムスタンダード(ローダウン仕様)

という仕様の違いもありました。

 ついにR1250GSにたどり着いたもへちゃんでしたが、それはまた新たな「悩む日々」のスタートに他なりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました