スポンサーリンク

R1250GSの中のどれを選ぼう?(後編)「少しでもBMWのバイクを安く買うコツ」

R1250GS アドベンチャー

前回までのふりかえり

 2021年12月、それまでの8ヶ月間で迷走したもへちゃんのバイク選びは、ついに「R1250GS」に辿り着きました。

 近所のBMWのショップに何度も通って、R1250GSの「カラーリング」「サスペンション仕様」「GSかGS ADVENTUREアドベンチャーか」を考えた結果

もへちゃん
もへちゃん
  • 第1希望…R1250GS ADVENTURE、プレミアムライン、トリプルブラック
  • 第2希望…R1250GS ADVENTURE、プレミアムライン、HP(ラリーカラー)

 となりました。

R1250GSの中のどれを選ぼう?「お得に買える?!…決算期」

アドバンテージ

※アドバンテージ…優位性、有利

 もへちゃんが近所のBMW MOTRRADモトラッドのショップに行き始めた12月は、ショップの人に言わせると

 うちは3月ではなく、12月が決算期なんです。

とのこと。

 確かに12月いっぱい「特別低金利0.99%ローン」というキャンペーンもやっており、ショップの人の「展示車のGS ADVENTURE HPをぜひ売りたい」って熱意もヒシヒシと感じられました。

もへちゃん
もへちゃん

 このショップの人の熱い思いは、安くしてもらえるチャンス!

と、もへちゃんは感じました(^^)

アドバンテージ①

 もへちゃんの第1希望が「GS ADVENTURE トリプルブラック」だったことは、アドバンテージでした。

 ショップの人は

 展示車のGS ADVENTURE HP(ラリーカラー)をぜひ売りたい!

 一方、もへちゃんは

もへちゃん
もへちゃん

 本当は、トリプルブラックがいいんですよねぇ~。

 よっぽど安くしてくれるんなら、HPも考えてもいいけど…。

という姿勢で臨めたからです。

アドバンテージ②

 12月に買うってことは、購入したバイクの年式が「2021年」になるってことです。

 ショップの人は12月中に売りたい気満々ですが、もへちゃんは慌てて買う必要はありません。

 新年になって「2022年式」のバイクを買った方が、将来売る場合、「年式」において1年分有利なるからです。

 もちろんこのことは、しっかりショップの人に伝え、もへちゃんにアドバンテージがあるってことをわかってもらいました。

アドバンテージ③

 R1250GS ADVENTUREは、予算の3.5倍(^^;)

 頭金以外はローンを組まなければなりません。

 ショップの方は「特別低金利0.99%ローンキャンペーン」を熱く語ってました。

 しかし、もへちゃんは前職時代、ろうきん(労働金庫)と長くおつきあいをさせてもらったこともあり、ろうきんのマイカーローンがかなり有利に使えることを知ってました。

 最初に計算した時は、「ろうきんのマイカーローンの方が安い」という結果も出ました(後から計算間違いだったことに気づきました(>_<)) 

 なので、(計算間違いだったのですが)「特別低金利0.99%ローンキャンペーン」を使う必要性がないというアドバンテージを持って、ショップの人と話し合いができました。

 ただ、最終的に利用したのは、わずかばかり安かった「特別低金利0.99%ローン」の方でした。

ラゲッジケース半額キャンペーン

 最初に近所のBMW MOTRRADのショップを尋ねた際に

 車体は安くできませんが、オプション品なら勉強します!

と言われ、ネット等でも同様な記事を見たもへちゃん。

もへちゃん
もへちゃん

 交渉するならオプション品!

と狙いを定めました。

 BMW MOTRRADでは様々なキャンペーンが、その時々でとりくまれています。

 決算期の「特別ローン0.99%キャンペーン」もその1つだったわけです。

 ネットで調べたキャンペーンの中で、もへちゃんが惹かれたのは「ラゲッジケース半額キャンペーン」ってやつ。

 ラゲッジケースというのは、バイクの左右やライダーの真後ろに装着する箱状の荷物入れです。

現在のもへちゃんのバイク「にゃんころアドベンちゃん」に装着している左右のアルミパニアケースとトップケース

 R1250GS ADVENTUREだと、アルミ製の「パニアケース」が人気というか…。

 いや「人気」は通り越して「GS ADVENTUREと言えばアルミパニア」らしいのです。

 しかし、これがお高い(^^;)

 左、右、リアトップケース(後ろ)の3個揃えると、一番最初(2021年5月頃)に買おうとしたHONDA C125 スーパーカブも買えそうな値段になっちゃいます。

 さて、ネットで検索して、近所のBMW MOTRRADのショップが、過去に「ラゲッジケース半額キャンペーン」をしてたことを知ったもへちゃん。

もへちゃん
もへちゃん

 HP(ラリーカラー)を買うんなら、アルミパニアを半額にしてもらたりしますか?

 ダメなら、次のラゲッジケース半額キャンペーンの時にトリプルブラックを買いに来ようかな~

と切り出しました。

もへちゃん
もへちゃん

 いや~…

 さすがに半額は…

 3割引までなら頑張れるんですが(^^;)

アルミパニア以外のオプション品

 そこで、アルミパニア以外のオプション品で交渉してみました。

今だったら…

 と言っても、当時は「GS乗り」という言葉も知らず、アルミパニア以外のどのオプション品を選べばいいか、よくわかってませんでした。

 現在のもへちゃんが、当時のもへちゃんにアドバイスできたとしたら

もへちゃん
もへちゃん
  1. ラリースーツ
  2. エアフロースーツ
  3. ベンチャーグリップブーツ
  4. エアフローブーツ

を安くしてもらえっ!

って言うだろうなぁ。

 ちなみに、1位の「ラリースーツ」は「GS乗りの制服」と揶揄やゆされるほど!

※揶揄される…からかわれる

 そしてやはりお高い(>_<)

 ラリースーツ上下で、原付スクーターが買えるほどです(^^;)

2021年12月当時、交渉したのは…

 けれど2021年12月の時点では、もへちゃんにはこんな知恵はありませんでした(T_T)

  • パニアケース用インナーバッグ
  • パニアケース用キャリーハンドル
  • リアトップケース バックレスト(2人乗りした際の背中用クッション)

 結局、パニアケースがらみのパーツくらいしか思いつきませんでした。

 もしかしたら、ショップの人は「ラリースーツ」なんて言われたら困っていたかもしれませんが、あまり人が欲しがらないようなパーツをもへちゃんが求めたので、ホッとしたかもしれません。

もへちゃん
もへちゃん

 だって、ラリースーツなんかだと「売れ残った在庫」なんてほぼ無さそうだけど、パニアケース用ハンドルとかだと、結構ありそうだもんな~

ついに契約!

 もへちゃんが、初めて近所のBMW MOTRRADショップに行ったのは2021年12月初旬。

 交渉を重ねて、契約したのは12月22日でした。

 この日は、

 決算期の売り上げとして計上できるギリギリの日(^^;)

とショップの方が言われてました。

 上記のアドバンテージ①~③を有し、

日にちまでも味方にしたもへちゃんは、

結局、第2希望の「R1250GS ADVENTURE、プレミアムライン、HP」を契約しました。

 もちろん、オプション品に関して、かなりの割引をしてもらったのは言うまでもありません。

 具体的に「◯割引してもらった」と書きたいのですが…

 「◯割引してもらった」とか、他の方に言わないでください。

 普通、ここまでお安くできないんです。

 お願いします。

 この言葉が本当なのか、お決まりのビジネストークなのか、もへちゃんにはわかりませんが、

もへちゃん
もへちゃん

 わかりました。

 言いません!

と約束したので、ここで明らかにすることは控えます。

まとめ「BMWのバイクを少しでも安く買うには」

 今回の経験をまとめると

 BMWのバイクを少しでも安く買うには

  • 決算期の「12月」
  • ショップの在庫である「展示車」
  • 買いたい気持ちを全面に出さない
  • 「特別低金利0.99%ローン」や「ライセンス・サポート・プログラム」等のメーカー主催のキャンペーンは全て利用
  • オプション品の高額割引を狙う

ってことになるかと思います。

 新たにBMWのバイクの購入を考えられている方は、ぜひ参考にしてみてくださいm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました